このページの本文へ移動
  1. ホーム >
  2. サポート >
  3. 法人のお客様向け故障・修理の相談窓口 >
  4. ハードウェア修理相談センター >
  5. 修理種別について(SupportDeskを未契約のお客様)

「SupportDesk(注)」を未契約のお客様
修理種別について

修理は「訪問修理」「引取修理」「部品送付」のいずれかの方法で実施いたします。
それぞれの修理の流れについてご案内いたします。

訪問修理 引取修理 部品送付 (注)

  • 製品保証期間内は、保証書に記載されている修理方法となります。
  • 装置や障害内容によっては選択できない修理方法があります。
  • いずれの修理方法も、修理申込み完了日の翌営業日以降の対応となります。
    (注)部品送付で対応可能な部品はキーボード(デスクトップ用)、マウス、ACアダプタ等に限ります。

訪問修理

当社指定のサービスエンジニアによるオンサイト修理を行ないます。

STEP1 訪問日時調整

富士通の修理作業員よりお電話いたします。
修理申込み完了日の翌営業日以降で訪問日時の調整を行います。

STEP2 修理

修理作業員がお伺いして、故障製品の修理を行います。

引取修理

製品を引き取り後に修理を行ない、ご返却いたします。引取りからご返却までの日数は約7日間です。
故障内容によってはそれ以上かかる場合もございます。

STEP1 引取日時のご確認

富士通より、お電話で引取日時の確認をさせていただきます。

STEP2 故障製品の引取

当社指定の運送業者がお客様先へお伺いし、故障製品を修理センターへお引き取りいたします。梱包は運送業者が行います。お客様でご準備していただく必要はございません。
このほか、引取修理に関する注意事項がございます。運送業者へ製品をお引き渡しする前に以下を必ずご確認ください。

  • 原則、故障製品の本体のみをお引き取りいたします。下記は事前にお取り外しをお願いいたします。
    • 付属品(ケーブル類、フット部など)
    • 増設品(SIMカードなど)
    • DVDやUSBメモリ、SDカードなどの記録媒体
  • BIOSやOS、暗号化機能などの各種パスワードはすべて解除をお願いいたします。
    解除されていない場合、修理センターで詳細な診断ができないことがございます。
  • 記憶装置(ハードディスクなど)に記憶されたデータは保証できかねます。大切なデータは必ずバックアップをお取りください。故障の原因にかかわらず、データの損失、破損、変更等につきましては当社は一切責任を負いません。
  • 修理により記憶装置(ハードディスクなど)の交換を行なった場合、お客様自身によるOSならびにその他プログラムの再インストール、およびセットアップが必要です。
  • ネットワーク製品における構成定義情報の復元は、修理完了後、製品がお手元に戻りましたらお客様自身で実施をお願いいたします。

見積書をご希望のお客様には、修理センターで診断を実施の上、見積書を発行いたします。

見積書が必要な場合

STEP3 見積書の提示へ

見積書が不要な場合

STEP5 修理へ

STEP3 見積書の提示

診断結果をもとに見積書を発行いたします。

見積書は本サイトでご確認いただけます。

STEP4 見積書のご確認

見積内容にご同意いただける場合は、入力フォームに必要事項をご記入のうえ、修理をお申し込みください。
なお、お申し込みの際は、「STEP3 試算書の提示」で富士通よりお知らせするパスワードが必要になります。

Webの入力フォームからお申し込みいただけない場合は、見積書印刷後、必要事項をご記入のうえPDFでご返信をお願いいたします。

本サービスのお申し込み受付時間帯は、お申し込みの日時にかかわらず月曜日から金曜日の9時から17時までです。

STEP5 修理

修理センターで修理いたします。

STEP6 修理完了製品の配送

修理が完了した製品を当社指定の運送業者がお届けに伺います。

部品送付

  • 直接お客様先へ部品を送付し、お客様自身で障害品と交換いただきます。
  • (注)対応可能な部品はキーボード(デスクトップ用)、マウス、ACアダプタ等に限ります。詳細はハードウェア修理相談センターへお問い合わせください。

STEP1 部品送付可能日のご連絡

富士通より、お電話で部品がお届けできる日程をご案内いたします。

STEP2 部品の配送、故障部品の回収

当社指定の運送業者がお届けにお伺いします。その際、故障部品を回収いたします。