このページの本文へ移動

多要素認証(MFA)ご利用手順

多要素認証(MFA)を利用される場合、ご使用の端末にアプリの導入が必要です。
ここではスマートフォン利用による多要素認証(MFA)のご利用手順をご紹介します。
スマートフォンが利用できない場合は、Windows用アプリをご利用ください。

Windows用アプリのご利用手順はこちら

スマートフォン、Windowsアプリともに多要素認証(MFA)を利用されない場合、アプリのインストールは必要はありませんが、多要素認証(MFA)を初めて利用する場合は、初回設定が必要です。

多要素認証(MFA)アプリを利用しない場合(初回設定)の手順はこちら

スマートフォン用アプリで「SupportDesk-Web」を利用する

事前準備:スマートフォン用アプリ 「Microsoft Authenticator」 のインストール

スマートフォンによる多要素認証(MFA)を利用する場合、事前に「Microsoft Authenticator」 のインストールを行います。
ご利用のスマートフォンのOSに応じて、Google Play / App Store からアプリをダウンロードします。

スマートフォンでQRコードを読み取りGoogle Play / App Storeへアクセスします。
QRコードでうまく接続できない場合は、下記インストール手順の1を確認してください。

スマートフォンでの「Microsoft Authenticator」インストール手順

  1. AndroidOSで[Google Play]を起動して、検索ボックスに「Authenticator」と入力して検索します。
    ※iOSの場合は、[App Store]を起動して検索します。
  2. 検索されたAuthenticatorが表示されます。画面上にある[インストール]をタップします。
    ※iOSの場合は、[入手]をタップします。
  3. Authenticatorダウンロード画面へ遷移します。画面上にある[開く]をタップします。
    ※この後、[データのプライバシー]画面が表示された場合は、[OK]をタップしてください。
  4. [プライバシーの保護に努めています]の画面を一読いただき、[同意します]をタップします。
  5. [Microsoftアカウントでサインイン]の画面へ遷移します。右上にある[スキップ]をタップします。
  6. [アカウントの追加]の画面が表示されたらインストールは完了です。画面はその状態のまま、次の手順へお進みください。

多要素認証(MFA)で「保守サービス報告書の参照サービス」を利用する

ログインする

お客様の状態に応じて、ボタンを選択してログインします。

  1. ① SupportDeskサービス管理者ID[お客様ID]をお持ちのお客様
        SupportDesk-Webへログインします。
        サービス管理者IDとパスワードを入力しログインボタンを押下します。
        サービス管理者IDでログインする場合は、SupportDesk-Webの多要素認証(MFA)ご利用手順へお進みください。

SupportDesk-Web専用

  1. ② SupportDeskサービス管理者ID[お客様ID]をお持ちでないお客様
        本サイトで保守サービス報告書を閲覧できます。
        富士通ID/パスワードを入力しログインボタンを押下します。
        ここでは、本サイトでサービスを利用するお客様向け手順をご紹介します。

多要素認証(MFA)設定の画面へ遷移

ログインボタンを押下すると、多要素認証(MFA)の設定状態に応じて以下のパターンで画面へ遷移します。

多要素認証(MFA)の利用に合わせて下記のタブを選択して設定手順を確認してください。

1.多要素認証(MFA)未設定(初めて利用される場合)

多要素認証(MFA)の有効/無効を選択する

ログインボタンを押下すると多要素認証(MFA)が未設定の場合、多要素認証(MFA)設定の画面に遷移します。
今後、「保守サービス報告書の参照」を利用する際に、多要素認証(MFA)を行う場合は、「有効」を選択します。
多要素認証(MFA)を行わずに「保守サービス報告書の参照」を利用する場合は、「無効」を選択します。
選択後、「次へ」ボタンを押下します。

メールアドレスを入力する

次にメールアドレス入力画面に遷移します。
ここでは、本人確認のため、メールアドレスを入力します。
メールアドレスは、お客様がご登録した富士通IDのメールアドレスをご使用ください。( 富士通IDを登録していない方はこちら
入力後、「次へ」ボタンを押下します。

MFA認証コードの通知メールを受信し、認証コードを入力する

入力したメールアドレスへ 「MFA認証コードの通知」という件名の自動送信メールが届きます。メール本文に、認証コードが記載されています。記載されている認証コードをコピー&ペーストで入力し「次へ」ボタンを押下します。

この後の手順は、多要素認証(MFA)設定画面で「有効」を選択した場合と、「無効」を選択した場合で手順が異なります。
選択した手順でご確認ください。

多要素認証(MFA)設定で「有効」を選択した場合

多要素認証(MFA)を行う

有効を選択した場合、多要素認証(MFA)の画面に遷移します。
この画面を開いた状態で、スマートフォンでMicrosoft Authenticatorのアプリを起動します。次の手順でアカウント追加を設定します。
【ご注意】

  • Microsoft Authenticatorでワンタイムパスワードを取得する前に、誤って画面下の「次へ」ボタンを押下した場合、この画面へ戻ることはできません。QRコードやキーコードが無効となりログインからやり直しになります。

Microsoft Authenticatorでアカウント追加を設定する

① スマートフォンでMicrosoft Authenticatorのアプリを起動します。

② 「アカウントを追加」を選択します。

③ 「他のアカウント」を選択します。

④ スキャン画面に切り替わったら、多要素認証(MFA)画面に表示されているQRコード(A)をスキャンして読み取ります。
      Windows、またはQRコードがスキャンできない場合は、キー(B)を入力してください。

多要素認証(MFA)画面に表示されているQRコードとキーコード
【ご注意】

  • 画像のQRコードとキーコードはサンプルです。実際の画面に表示されているものをご使用ください。
  • キーコードを表示する場合は、画面の「展開」をクリックすると、アカウントと秘密鍵(B)が表示されます。

ここまでで、Microsoft Authenticatorのアカウント追加の設定は完了です。
スマートフォンにワンタイムパスワードが表示されたら次へお進みください。

Microsoft Authenticatorでワンタイムパスワードを取得する

QRコードからスキャン、またはキーコード入力をすると、スマートフォンでワンタイムパスワードが表示されます。
ワンタイムパスワードが表示されたら、多要素認証(MFA)画面の「次へ」ボタンを押下してください。
【ご注意】

  • 画像の番号はサンプルです。ご自身のスマートフォンで表示されているワンタイムパスワードをご確認ください。
  • Microsoft Authenticatorでワンタイムパスワードを取得する前に、誤って「次へ」ボタンを押下した場合、この画面へ戻ることはできません。QRコードやキーコードが無効となり、ログインからやり直すことになります。

ワンタイムパスワードを入力する

多要素認証(MFA)画面の「次へ」ボタンを押下すると、ワンタイムパスワード入力画面に遷移します。
スマートフォンのMicrosoft Authenticatorで表示されているワンタイムパスワード(数字6桁)を入力し、「次へ」ボタンを押下します。

「多要素認証(MFA)が有効になりました」とメッセージが表示されたら「OK」ボタンを押下します。「MFA認証設定完了の通知」という件名のメールが届きます。

ログインが完了し、「保守サービス報告書を参照」画面へ遷移します。

多要素認証(MFA)設定で「無効」を選択した場合

多要素認証(MFA)が無効になる

「多要素認証(MFA)が無効になりました」とメッセージが表示されたら「OK」ボタンを押下します。「MFA認証設定完了の通知」という件名のメールが届きます。

ログインが完了し、「保守サービス報告書を参照」画面へ遷移します。

2.多要素認証(MFA)設定済み(2回目以降のご利用の場合)

多要素認証(MFA)が設定済み(2回目以降のご利用)の場合、初回設定時に「多要素認証(MFA)設定を有効(多要素認証(MFA)を利用する)」と「多要素認証(MFA)設定を無効(多要素認証(MFA)を利用しない)」で利用手順が異なります。選択した手順をご確認ください。

多要素認証(MFA)設定を変更したい場合はこちら

多要素認証(MFA)を利用する

多要素認証(MFA)を行う

富士通ID/パスワードを入力しログインボタンを押下すると、ワンタイムパスワード入力画面に遷移します。
この画面を開いた状態で、スマートフォンでMicrosoft Authenticatorのアプリを起動します。

① スマートフォンでMicrosoft Authenticatorのアプリを起動します。

② Microsoft Authenticatorにワンタイムパスワードが表示されます。

      【ご注意】

  • 画像の番号はサンプルです。ご自身のスマートフォンで表示されているワンタイムパスワードをご確認ください。
  • ワンタイムパスワードは都度異なります。必ず表示される最新のパスワードを入力してください。

③ Microsoft Authenticatorで表示されているワンタイムパスワード(数字6桁)を入力し、「次へ」ボタンを押下します。

④ 入力されたワンタイムパスワードが正しい場合、ログインを受け付けましたとメッセージが表示されます。「OK」ボタンを押下します。

ログインが完了し、「保守サービス報告書を参照」の画面へ遷移します。

多要素認証(MFA)を利用しない

富士通ID/パスワードを入力しログインボタンを押下すると、ログインを受け付けましたとメッセージが表示されます。「OK」ボタンを押下します。

ログインが完了し、「保守サービス報告書を参照」の画面へ遷移します。

多要素認証(MFA)設定を変更したい場合

多要素認証(MFA)設定を変更したい場合は、「確認画面」の「多要素認証(MFA)設定画面へ」をクリックしてください。多要素認証(MFA)設定が変更できます。