このページの本文へ移動

保守サービス報告書の参照

製品修理や定期保守、障害修正の適用などを実施した際に発行している「保守サービス報告書」をWebで参照できます。作業開始日時や対象装置、作業内容などの報告をご確認いただけます。

サービス内容の詳細は「サービスについて」をご参照ください。

ご利用前にご確認ください

  • 本機能をご利用いただくためには、富士通 ID でログインしていただく必要があります。
    富士通IDをお持ちでない場合は、 「富士通 IDの新規登録」 から取得をお願いいたします。

はじめての方は下記内容をご覧の上、ご利用ください。

提供形式について

Adobe Acrobat Readerのダウンロードはこちらから

保守サービス報告書はPDFファイルでご提供しています。
PDFファイルをご覧いただく場合にはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、右のアイコンのリンク先からダウンロードしてください。

必要な設定について

お客様のブラウザの設定によっては、保守サービス報告書を表示できない場合がございます。
詳細は「必要な設定について」をご確認ください。

受付番号とパスコードで検索する場合の注意事項

受付番号・パスコード

特定の保守サービス報告書を参照したい場合に必要になる「受付番号」と「パスコード」は下記の文字列です。

  • 受付番号

    お問い合わせの受付時またはサービスエンジニアからお伝えしている 6桁-2桁-4桁 の数字(例 :171001-01-9999)
    ハイフンを除いた12桁の数字で表している場合もございます。(例:171001019999)

    【末尾に「-1」等の数字が付いた受付番号を持つお客様】

    1つの受付番号に対して複数の保守サービス報告書が発行された場合は、末尾に13桁目の通番が増加しますが、検索時は通番を除いた12桁の数字を入力してください。発行数分を同時に表示します。

    《例》 1つの受付番号に対して3枚の保守サービス報告書が発行された場合の図 受付番号の171001-01-9999(または17100101999)で検索すると、末尾に-1、-2、-3の通番が付いた3枚の保守サービス報告書が表示されます。

    (注)お客様のブラウザ設定にポップアップブロックが設定されていると、2つ目以降が表示されない場合があります。
    詳細は、「必要な設定について」をご確認ください。

  • パスコード

    作業完了報告時に、保守作業用のスマートデバイスにお客様のサインをいただく際に設定していただいた文字列
    (下記の「使用可能な文字」の2種類以上を組み合わせていただいております。)

入力内容の制限事項

検索画面の各入力項目には下表の制限があります。

項目名 入力可能な文字数 使用可能な文字
受付番号 (必須) ハイフンを入れた14文字またはハイフンを除いた12文字(注) 半角数字および ハイフン( - )
パスコード (必須) 8 ~ 16 文字 半角英数字および記号( @ + % \ / ' ! _ # $ ? : ( ) { } [ ] - )

(注)1つの受付番号に対して複数の保守サービス報告書が発行された場合は13桁目の通番が増加しますが、検索時は通番を除いた12桁の数字を入力してください

セキュリティについて

データの通信には SSLによる暗号化通信を用い、通信時の情報を保護しております。
コンピュータの不正なアクセスからお客様情報を保護するため、Google Inc. の "reCAPTCHA" を採用しています。
保守サービス報告書の改竄防止のため、パスワードを設定したPDFファイルでご提供しています。

お問い合せ先

保守サービス報告書に関するよくあるご質問(FAQ)

保守サービス報告書について、お客様よりご質問が多い内容をよくあるご質問(FAQ)としてまとめました。お問い合わせの前に、ぜひ一度ご確認ください。

FAQをご確認いただき問題が解決しない場合、以下の事務局へお問い合せください。

FUJITSU Managed Infrastructure Service Portal運営事務局

電話電話

0120-926-512

ご利用時間:午前9時から午後5時30分まで(月曜日から金曜日、但し、祝日・年末年始を除く)